本文へスキップ



Engrish Engrish Engrish

 

  Matsunaga・松永グループ・羊腸・豚腸・牛腸・ケーシング・ソーセージ・ハム・ウインナー・ウィンナー・フランクフルト・手作り・皮・天然ケーシング・人工ケーシング・コラーゲンケーシング・ケーシングとは・販売・購入・通販・日本羊腸輸入組合・日本羊腸組合・INSCA・JINSCA・セルロースケーシング・ファイブラスケーシング・非可食ケーシング・Visco Teepak・デブロ・Devro・大豆たんぱく・シリコンシート・松永商会・マックス・アークジャパンフーズ・ディーエムシー・MCS・DMC・埼玉県戸田市新曽2507・北海道北広島市新富町西3-1-1・福岡県北九州市若松区南二島2-17-24・愛知県春日井市御幸町3-2-11

代表者
松永 吉郎
担当エリア
関東事業所:関東、山梨、新潟、東北
北海道事業所:北海道
所在地
★本社・関東事業所
〒335-0021
埼玉県戸田市新曽2507
TEL. 048-433-7070
FAX. 048-433-6359
→アクセス

★北海道事業所
〒061-1127
北海道北広島市新富町西3-1-1
TEL. 011-376-8588
FAX. 011-376-8488
→アクセス

関東事業所では、日々変化するお客様のニーズに迅速にお応えするよう、海外サプライヤーとの情報交換を密にし、安定した原料の確保に努めております。

また、世界市場の価格動向をいち早くお客様にお届けし価格の安定にも努めております。
天然ケーシングの加工業者としては、長年培ってまいりました加工にまつわる技術や知見を継承し、安定した品質の商品をお届けするよう心掛けるだけでなく、「安心・安全」な商品作りを柱とし、従業員の衛生教育にも力を入れております。新しい技術へも積極的にチャレンジし、より生産性、経済性の高い商品の開発にも注力しております。
これからもお客様に愛され、ご満足のいただける松永ブランドを提供できるよう精進してまいります。今後とも変わらぬご高配を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。


広大な北の大地にMATSUNAGA MINDを根差すべく、
     北海道事業所は2000年6月に開設いたしました。

多くの食材の宝庫であり、四季折々の美しさに恵まれた北海道。
この風土の中で製造されるハム・ソーセージは、それだけでひとつのブランドとして全国、そして世界に認められております。
この北海道ブランドのハム・ソーセージの製造に、天然腸をはじめとするケーシングを供給する事で微力ながら貢献できていること、これが北海道事業所の誇りです。
我々北海道事業所は、MATSUNAGA GROUPの中では一番の小所帯ではございますが、「製品力」「技術力」「ネットワーク力」を活かしながら、厳しい寒さの中降り積もる雪のように、大地に芽吹く
青葉のように、真っ白かつ清新な気持ちで、これからも北海道のお
客様のすぐ側で精進してまいります。

バナースペース

松永グループ

〒335-0021
埼玉県戸田市新曽2507

TEL 048-433-7070
FAX 048-433-6359